国内外ニュース

米戦略爆撃機を韓国再派遣 攻撃力見せ北朝鮮けん制

 ソウル南方の米空軍烏山基地に着陸したB1戦略爆撃機=21日(聯合=共同)  ソウル南方の米空軍烏山基地に着陸したB1戦略爆撃機=21日(聯合=共同)
 【ソウル共同】在韓米軍司令部によると、グアムに配備されている米空軍のB1戦略爆撃機2機が21日午後(日本時間同)、ソウル南方の米空軍烏山基地に飛来、うち1機は着陸した。米軍は核実験を強行した北朝鮮に対応するため、13日にもB1を1機、韓国へ飛来させたばかり。

 B1は核弾頭の搭載能力はないが、破壊力の高い新型巡航ミサイルを搭載できる。大規模な攻撃を行える能力を見せつけ北朝鮮による新たな軍事挑発をけん制する狙いがある。

 B1は、13日は同基地上空を通過しただけで着陸はしなかった。

(9月21日13時59分)

国際(9月21日)