国内外ニュース

熊本地震の犠牲者102人に 関連死新たに4人認定

 熊本市は21日、熊本地震の「震災関連死」として、60~80代の男女4人を新たに認定したと発表した。一連の地震による関連死は47人となった。倒れた家屋の下敷きになるなどの直接死50人、6月の豪雨に伴う二次災害の死者5人と合わせ、犠牲者は計102人。関連死と二次災害の死者数が地震直後の直接死を上回った。

 熊本市によると、新たに関連死と認定した4人は70代の男性、60~80代の女性3人。4月15日から5月4日にかけて死亡した。

(9月21日17時01分)

社会(9月21日)