国内外ニュース

日銀、量から金利に転換 異例の長期金利目標導入

 金融政策決定会合後、記者会見する日銀の黒田総裁=21日午後、日銀本店  金融政策決定会合後、記者会見する日銀の黒田総裁=21日午後、日銀本店
 日銀は21日の金融政策決定会合で、金融政策の目標を国債買い入れなどの「量」から「金利」に転換することを決めた。長期金利に目標を設定する世界的にも異例の手法を導入し、0%程度に誘導する。黒田東彦総裁は会合後の記者会見で消費者物価上昇率が2%を超えるまで金融緩和を続けると宣言。新たな枠組みによって「政策の持続性が高まる」と説明した。

 民間銀行が日銀に預ける資金の一部に年0・1%の手数料を課すマイナス金利の幅は維持した。日銀は今回の決定で、次回以降の会合での追加緩和手段として、マイナス金利拡大と長期金利目標の引き下げを軸とする方針を示した。

(9月21日18時41分)

経済(9月21日)