国内外ニュース

元監督Jリーグ清水を提訴 未払いの報酬求め

 アフシン・ゴトビ氏  アフシン・ゴトビ氏
 2014年7月にサッカーJ1清水(15年にJ2に降格)の監督を解任されたアフシン・ゴトビ氏が、残る契約期間の報酬を払わないのは不当として、清水に計82万5千ユーロ(約9300万円)の損害賠償を求めて、静岡地裁に提訴していたことが21日、分かった。8月19日付。清水の広報担当者は「何も答えられない」としている。

 清水のホームページによると、イラン出身のゴトビ氏は米国や韓国、イラン代表チームのコーチや監督を務めた後、11年に清水の監督に就任。14年のシーズン中に成績不振の責任を問われ、途中解任されていた。

(9月21日20時50分)

社会(9月21日)