国内外ニュース

「鑑定」「無罪」の単語を検索 相模原殺傷事件の容疑者

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺され27人が負傷した事件で、元施設職員植松聖容疑者(26)=男性入所者9人殺害容疑で再逮捕=が事件の数カ月前から「鑑定」「心神喪失」「無罪」などの単語をインターネットで検索していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査本部は、精神鑑定で刑事責任能力が問えないケースに該当する条件や、その場合の司法手続きを事前に調べた上で襲撃の計画を練っていたとみている。

 地検は植松容疑者の精神状態を調べる鑑定留置を21日から開始したと明らかにした。期間は来年1月23日までの約4カ月間。

(9月22日2時05分)

社会(9月22日)