国内外ニュース

彦根のひこにゃん、活躍の場拡大 著作権争いに終止符

 滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」の(左から)「座る」「跳ぶ」「剣を持つ」の三つのポーズ  滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」の(左から)「座る」「跳ぶ」「剣を持つ」の三つのポーズ
 ゆるキャラブームの火付け役として知られる滋賀県彦根市の「ひこにゃん」の著作権を巡り、市とデザイナーらが争っていた問題で、両者が合意し、ひこにゃんがアニメや絵本にも登場できるようになった。ファンも新たな展開に期待を寄せており、活躍の場が広がりそうだ。

 デザイナーのもへろんさんは取材に「彦根市と新たな態勢を築くことができ、創作者として喜んでいる」とコメント。市は、来年の春から始まる彦根築城410年祭に向け、ひこにゃんが彦根城の歴史や文化の謎解き役をする動画の作成などを予定している。

(9月22日17時59分)

暮らし・話題(9月22日)