国内外ニュース

沖縄、米機墜落に怒りと不安充満 「一歩間違えば、大惨事」

 「一歩間違えば、大惨事だ」「再発防止は口だけか」―。米戦闘機1機が沖縄近海に墜落した22日、沖縄県に住む市民の間では、繰り返される米軍の事件・事故に不安と怒りが充満した。

 「米戦闘機の爆音が近づいてくると、自宅に落ちるかもしれないという恐怖を常に感じている」。嘉手納基地の北東約2キロの市街地に住む照屋秀伝さん(78)は事故の一報に表情を曇らせた。「日米両政府は再発防止と声高に言うが、市民の安全は気に留めていない」と怒りをあらわにした。

(9月22日18時06分)

社会(9月22日)