国内外ニュース

バドのタカマツ、五輪後初戦快勝 ヨネックス・オープン第3日

 女子ダブルス2回戦で台湾組に勝利し、声援に応える高橋礼(右)、松友組。準々決勝に進んだ=東京体育館  女子ダブルス2回戦で台湾組に勝利し、声援に応える高橋礼(右)、松友組。準々決勝に進んだ=東京体育館
 バドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン第3日は22日、東京体育館で各種目の2回戦が行われ、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組は五輪後初の試合で姜凱心、洪詩涵組(台湾)を2―0(21―7、21―15)で破り、準々決勝に進んだ。

 女子シングルスでリオ五輪銅メダルの奥原希望は18歳の中国選手にストレート勝ちし、山口茜もブルガリア選手に快勝。両者は23日の準々決勝で対戦する。

 男子ダブルスでリオ五輪8強の早川賢一、遠藤大由組は、垰畑亮太、佐伯祐行組にストレート負け。混合ダブルスの数野健太、栗原文音組も韓国ペアに0―2で敗れた。

(9月22日21時10分)

スポーツ(9月22日)