国内外ニュース

中国鉄鋼大手が統合へ、世界2位 過剰生産削減目指し

 武漢鋼鉄集団の工場=8月、中国湖北省武漢市(ゲッティ=共同)  武漢鋼鉄集団の工場=8月、中国湖北省武漢市(ゲッティ=共同)
 【上海共同】中国の国有鉄鋼大手、宝鋼集団(上海市)と武漢鋼鉄集団(湖北省)は22日、経営統合すると発表した。生産量が世界2位の巨大鉄鋼メーカーが誕生する。中国は鉄鋼の過剰生産が世界的な鉄鋼価格の下落を引き起こし、国際的な批判を浴びている。統合を機に生産能力を削減するのが狙いだ。

 社名は「中国宝武鋼鉄集団」となる。既に政府も統合を承認した。具体的な統合時期は明らかにしていない。両社は統合により「効率が低い生産設備の淘汰を進める」とコメントした。宝鋼の中核子会社は、武漢鋼鉄の中核子会社を吸収合併する。

(9月22日21時06分)

経済(9月22日)