国内外ニュース

J2三浦が天皇杯の最年長出場 49歳6カ月27日

 長野に勝利し、声援に応える横浜FC・三浦。後半に途中出場し、最年長出場記録を更新した=パロマ瑞穂  長野に勝利し、声援に応える横浜FC・三浦。後半に途中出場し、最年長出場記録を更新した=パロマ瑞穂
 サッカーJ2の横浜FCのFW三浦知良が22日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで行われた天皇杯3回戦の長野戦に49歳6カ月27日で途中出場し、1997年に紺野悦男(新日鉄釜石)が記録した45歳7カ月5日の最年長出場記録を更新した。

 三浦が天皇杯に出場するのは2011年以来。後半29分から出場し、シュートを1本放ったがゴールにはつながらなかった。試合は延長戦の末に横浜FCが3―2で勝った。

 J2では8月7日のC大阪戦に49歳5カ月12日で途中出場してゴールを決め、自身が持つ出場と得点の最年長記録をそれぞれ更新していた。

(9月22日22時35分)

サッカー(9月22日)