国内外ニュース

伊、世界最大級の食の見本市開幕 日本の生産者も参加

 食の見本市「サローネ・デル・グスト」の日本ブースで、札幌市の地酒を試飲する人々=22日、トリノ(共同)  食の見本市「サローネ・デル・グスト」の日本ブースで、札幌市の地酒を試飲する人々=22日、トリノ(共同)
 【トリノ共同】イタリア北部トリノで22日、食の見本市「サローネ・デル・グスト」が開幕した。世界の伝統的な食文化や食材を見直す運動を進めるスローフード協会(本部イタリア)の主催で、26日まで。料理や食材関連のイベントとしては世界最大規模で、協会によると、日本を含む約140カ国から生産者団体や専門家らが参加する。

 日本からは、石川県や札幌市、神戸市など自治体や企業の約120人が出展。日本ブースでは、みそやしょうゆなど各地の伝統食材や地酒を試せる「おふるまい」が行われ、来場者でにぎわった。

(9月22日21時26分)

国際(9月22日)