国内外ニュース

イグ・ノーベル、立命大教授らに 「股のぞき」研究で知覚賞

 立命館大の東山篤規教授  立命館大の東山篤規教授  22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式でスピーチする立命館大の東山篤規教授(AP=共同)  22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式でスピーチする立命館大の東山篤規教授(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】ユニークなテーマに取り組む世界の研究者に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」の授賞式が22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われた。上半身をかがめて股の間から物を見たら、普段の見え方からどんな変化があるかを研究した立命館大文学部の東山篤規教授(心理学)らが「知覚賞」を受賞した。

 東山教授は「一般的には興味を持たれない分野なのに、賞をもらえて驚いた。褒めてやろうと言ってくれるのは素直にうれしい」と話した。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は10年連続。

 東山教授は「視覚による空間知覚」などが専門。

(9月23日9時51分)

国際(9月23日)