国内外ニュース

暴走防止で国道2キロ封鎖、大阪 府警900人態勢

 国道26号を封鎖し警戒に当たる大阪府警の警察官=2日午後10時40分、大阪府岸和田市  国道26号を封鎖し警戒に当たる大阪府警の警察官=2日午後10時40分、大阪府岸和田市
 大阪府岸和田市で毎年11月3日に行われる集団暴走を防ぐため、府警は2日深夜から3日未明、国道26号を約2キロにわたり封鎖し、約900人態勢で警戒に当たった。日付から「イレブンスリー暴走」と呼ばれ、警察が集団暴走対策で幹線道路を封鎖するのは異例。

 府警によると、昨年は車やバイク計約50台が暴走し、見物目的の若者ら約2500人が集まったが、今年は目立った集団暴走はなかった。

 2日午後10時すぎ、片側3車線の道路に赤いコーンを並べて封鎖。警察官の近くで改造車が挑発するように騒音を出すなどしたが、散発的だった。府警は見物に集まった約370人に帰宅を呼び掛けた。

(11月3日15時45分)

社会(11月3日)