国内外ニュース

千代の富士に故郷で別れ 北海道福島町、町民ら献花

 元横綱千代の富士で先代九重親方の出身地で開かれた「お別れの会」で、あいさつする九重親方=3日午後、北海道福島町  元横綱千代の富士で先代九重親方の出身地で開かれた「お別れの会」で、あいさつする九重親方=3日午後、北海道福島町
 大相撲の元横綱千代の富士で、7月に61歳で死去した先代九重親方=本名秋元貢さん=の「お別れの会」が3日、出身地の北海道福島町で開かれた。遺族や町民ら約400人が祭壇に献花し、地元が生んだ大横綱をしのんだ。

 会場の福島町総合体育館には、国民栄誉賞の表彰状や現役時代の活躍を振り返る写真が飾られた。親方と同級生で、幼少の頃から親交があった鳴海清春町長は「町民はあなたの勇姿から夢と希望を与えてもらった」と声を詰まらせ、感謝の言葉を贈った。

 福島町は千代の山、千代の富士の2横綱を輩出。九重部屋は毎年夏に合宿し、町民と交流を続けている。

(11月3日17時22分)

相撲(11月3日)