国内外ニュース

東京五輪、長沼と横浜案は選択肢 IOC、今月末会合で結論

 取材に応じるIOCのデュビ五輪統括部長=3日午後、東京都港区(代表撮影)  取材に応じるIOCのデュビ五輪統括部長=3日午後、東京都港区(代表撮影)
 IOCのデュビ五輪統括部長は3日、東京都の調査チームが示した2020年東京五輪の会場計画の最終見直し案で代替候補地に挙がったボートとカヌー・スプリントの長沼ボート場(宮城県登米市)、バレーボールの横浜アリーナについて「選択肢として残っている」と明らかにした。東京五輪の開催費用を再検討するIOC、大会組織委員会、東京都、政府の4者による作業部会の終了後に語った。

 また、デュビ五輪統括部長は、IOCのコーツ副会長、組織委の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、丸川珠代五輪相が出席する4者のトップ級会合を今月30日にも開催して結論を出す見通しを示した。

(11月3日19時31分)

国際大会(11月3日)