国内外ニュース

伊、反政府デモ隊と警官衝突 憲法改正の国民投票巡り議論激化

 5日、イタリア・フィレンツェで警官隊と衝突する反政府デモ隊(ANSA提供、AP=共同)  5日、イタリア・フィレンツェで警官隊と衝突する反政府デモ隊(ANSA提供、AP=共同)
 【ローマ共同】イタリア中部フィレンツェで5日、反政府デモ隊の一部が警官隊と衝突する騒ぎがあった。ANSA通信などによると、警察当局が催涙ガスを使って沈静化させ、警官ら複数が負傷した。同国では12月4日に憲法改正の是非を問う国民投票の実施を控えており、賛否を巡る議論が激しくなっている。

 憲法改正は上院の議員定数削減や権限の縮小を柱とする。政治改革を進めるレンツィ首相は、イタリアの古い政治体質を変えるには憲法改正が必要だと訴えている。反対派は首相権限の強化につながることを警戒。最近の複数の世論調査によると、反対派が勢いを増している。

(11月6日9時10分)

国際(11月6日)