国内外ニュース

沖縄基地問題の背景は差別 米でユンカーマン監督が講演

 5日、米ニューヨークで講演する映画「沖縄 うりずんの雨」を手掛けた米国人監督のジャン・ユンカーマンさん(共同)  5日、米ニューヨークで講演する映画「沖縄 うりずんの雨」を手掛けた米国人監督のジャン・ユンカーマンさん(共同)
 【ニューヨーク共同】沖縄戦や米軍基地問題に焦点を当てたドキュメンタリー映画「沖縄 うりずんの雨」を手掛けた米国人監督ジャン・ユンカーマンさん(64)が5日、米ニューヨークで講演し、日本政府が米軍基地の沖縄への集中を容認している背景に「政府や日本人の沖縄に対する差別意識がある」と述べた。

 映画は日米の関係者の証言を基に戦後70年の沖縄の歴史を追う内容で、昨年6月に日本で公開された。

 名護市辺野古で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に反対する人々や、1995年の少女暴行事件で懲役判決を受けた元米兵のインタビューも盛り込まれている。

(11月6日14時46分)

国際(11月6日)