国内外ニュース

元日本代表闘莉王と来季契約せず J2降格の名古屋

 最終節で湘南に敗れてJ2降格が決まり、ピッチを後にする名古屋の田中マルクス闘莉王=3日、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂スタジアム  最終節で湘南に敗れてJ2降格が決まり、ピッチを後にする名古屋の田中マルクス闘莉王=3日、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂スタジアム  名古屋の田中マルクス闘莉王(左)、ボスコ・ジュロブスキー監督(右)  名古屋の田中マルクス闘莉王(左)、ボスコ・ジュロブスキー監督(右)
 サッカーJ1で、来季のJ2降格が決まった名古屋が、元日本代表DFの田中マルクス闘莉王(35)に来季の契約を結ばないことを通達したことが6日、分かった。クラブ関係者が明らかにした。

 闘莉王は、昨シーズン後に大幅な年俸の減額を提示され、契約が折り合わずに退団した。しかし、ことし8月に成績不振にあえぐクラブ側から要請を受けて復帰。9月10日の新潟戦から守備の要として出場した。クラブ側は来季以降、アドバイザーとしての契約を打診しているという。

 また名古屋は6日、ボスコ・ジュロブスキー監督(54)=セルビア=が今季限りで契約を満了すると発表した。

(11月6日18時26分)

サッカー(11月6日)