国内外ニュース

与野党、TPP採決日程で激突 与党は8日衆院通過方針

 国会は週明けから環太平洋連携協定(TPP)の承認案などを巡り、与野党攻防がさらに激化しそうだ。与党は8日に衆院通過を図る。民進党は、問題発言のあった山本有二農相が辞任しなければ農相不信任決議案を提出し、攻勢を掛ける方針。共産党など野党3党にも協力を呼び掛ける。

 自民党の下村博文幹事長代行は6日のNHK番組で「経済成長のためにTPPの早期成立をお願いしたい」と述べ、8日の衆院本会議採決に理解を求めた。民進党の野田佳彦幹事長は岐阜市内で講演し、「強行採決」を巡る一連の発言をした山本農相について「居残るのであれば不信任を視野に厳しく戦う」と語った。

(11月6日19時25分)

政治(11月6日)