国内外ニュース

61年ぶり村長選挙、現職が9選 大分・姫島、一騎打ち制す

 61年ぶりの選挙戦になった村長選で当選が決まり、支持者らと万歳をする現職の藤本昭夫氏(左から2人目)=6日夜、大分県姫島村  61年ぶりの選挙戦になった村長選で当選が決まり、支持者らと万歳をする現職の藤本昭夫氏(左から2人目)=6日夜、大分県姫島村
 地方自治体の首長選で前例がないとみられる61年ぶりの選挙戦になった大分県姫島村長選は、6日投開票の結果、現職の藤本昭夫氏(73)が、元NHK職員で新人の藤本敏和氏(67)=いずれも無所属=を破り、9選を果たした。

 当日有権者数は1946人で、投票総数は1715票。得票数は昭夫氏が1199票、敏和氏が512票、無効3票。投票率は88・13%。両氏は同姓だが、親戚関係はない。

 姫島村は国東半島北側沖の離島。60年から7期村長を務めた父親の後を84年に継ぎ、親子2代で56年間にわたった昭夫氏の村政の継続か刷新かが争点となった。

(11月6日20時56分)

政治(11月6日)