国内外ニュース

夏のボーナス2・3%増 2年ぶりにプラスに

 厚生労働省が7日に発表した2016年夏季賞与の集計結果によると、1人平均の賞与(従業員5人以上の事業所)は、昨夏に比べ2・3%増の36万5008円で、2年ぶりにプラスに転じた。厚労省は「ボーナスを支給した事業所が昨夏より増えたことが影響した」と分析している。

 増加幅が大きかったのは不動産・物品賃貸業の19・8%増(45万6547円)や鉱業・採石業の13・5%増(37万8106円)など。一方、生活関連サービス業は6・9%減の14万1651円、教育・学習支援業は1・9%減の48万4069円だった。

(11月7日9時16分)

暮らし・話題(11月7日)