国内外ニュース

大川小訴訟、石巻市が控訴 宮城県も、一審の賠償命令に不服

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童74人のうち23人の遺族が損害賠償を求めた訴訟で、市と県は7日、学校側の過失を認め計14億円余りの賠償を命じた一審仙台地裁判決を不服として、仙台高裁に控訴した。原告の遺族側も控訴するか検討している。期限は9日。

 控訴理由について亀山紘市長はこれまで、津波の襲来は予見できず、児童が亡くなった結果は回避できなかったと指摘。村井嘉浩知事も「教員を一方的に断罪するのは納得できない」としていた。

 10月26日の判決は、教職員は襲来の7分前までに津波を予見できたと指摘した。

(11月7日12時25分)

社会(11月7日)