国内外ニュース

空手女子の清水、世界2連覇報告 東京五輪へ「充実の4年間に」

 ミキハウス本社で卓球部の平野早矢香コーチ(左)から花束を贈られる空手の世界選手権の女子個人形で2連覇を果たした清水希容=7日、大阪府八尾市  ミキハウス本社で卓球部の平野早矢香コーチ(左)から花束を贈られる空手の世界選手権の女子個人形で2連覇を果たした清水希容=7日、大阪府八尾市
 空手の世界選手権の女子個人形で2連覇を果たした清水希容が7日、所属する大阪府八尾市のミキハウス本社を訪れ、優勝を報告した。多くの社員に祝福された入社1年目の22歳、清水は「喜んでもらえると、もっと頑張ろうと思う。東京五輪へ向け、充実した4年間にしたい」と気持ちを新たにしていた。

 空手が2020年東京五輪の追加種目に決まったことで、2年前の世界選手権と比べて注目度が急上昇したという。「五輪種目に入って流れが変わってきた。外国勢のレベルが上がってきているし、発祥国の日本人として負けられない」と清水。

(11月7日17時16分)

国際大会(11月7日)