国内外ニュース

大塚製薬、ゼリー飲料にカビ混入 270万個回収へ

 カビが混入し自主回収対象となった大塚製薬のゼリー飲料  カビが混入し自主回収対象となった大塚製薬のゼリー飲料
 大塚製薬は7日、ゼリー飲料「カロリーメイトゼリー」と「ジョグメイトプロテインゼリー」にカビが混入したとして、4種類の計約270万個を自主回収すると発表した。健康被害の報告はないという。

 回収対象は佐賀工場(佐賀県吉野ケ里町)で製造された「カロリーメイトゼリー」の「アップル味」「ライム&グレープフルーツ味」「フルーティ ミルク味」、「ジョグメイトプロテインゼリー」。着払いで同社に送ると、代金相当のクオカードを送付する。

 10月31日に販売している店舗から「未開封の商品の容器が膨張している」と問い合わせがあり、調べたところカビが見つかった。

(11月7日17時20分)

経済(11月7日)