国内外ニュース

PKO駆け付け警護15日決定へ 12月にも新任務可能に

 政府は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊に対し、安全保障関連法に基づく新任務の「駆け付け警護」を付与する閣議決定を15日に行う方針を固めた。3月の法施行後、新任務が付与されるのは初めて。来月中旬にも南スーダンで実際に駆け付け警護が可能になる見通しだ。複数の政府筋が7日明らかにした。

 付与を巡って政府は国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合を官邸で開いて最終調整した。8日の自民党会合で説明した後、与党の了承手続きやNSCの審議を経て閣議決定する予定だ。

 4大臣会合には現地を先週視察した柴山昌彦首相補佐官が出席した。

(11月7日19時40分)

政治(11月7日)