国内外ニュース

映画製作の荒戸源次郎さん死去 「ツィゴイネルワイゼン」など

 「ツィゴイネルワイゼン」「どついたるねん」など多くの映画を製作したプロデューサーで映画監督の荒戸源次郎(あらと・げんじろう、本名吉村敏夫=よしむら・としお)さんが7日午後、虚血性心疾患のため東京都内の病院で死去した。70歳。長崎県出身。

 劇団「状況劇場」などを経て、映画製作を開始。1980年、鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」で自主興行としては異例のヒットを記録した。

 阪本順治監督のデビュー作「どついたるねん」や「王手」、大森立嗣監督「ゲルマニウムの夜」なども製作した。

 監督も務め、寺島しのぶさん主演の「赤目四十八瀧心中未遂」は高い評価を受けた。

(11月7日22時41分)

文化・芸能(11月7日)