国内外ニュース

相模原の公園に猫11匹死骸 目立った外傷なし

 7日午後3時ごろ、相模原市南区の「松が枝公園」で、地中から猫の胴体の一部が露出しているのを、ごみ回収をしていた市職員2人が発見した。掘り出したところ、下からさらに5匹の死骸が見つかったほか、周辺の2カ所にも計5匹が埋められていた。

 市によると、11匹のうち2匹は子猫だった。いずれも目立った外傷はなく、一部が腐敗していた。

 公園では、2日にもほとんど外傷がない1匹の死骸が見つかった。いずれも毛の長い同じ種類とみられ、市は死因を調べている。

(11月8日1時30分)

社会(11月8日)