国内外ニュース

NY株急伸、371ドル高 大統領選不安和らぐ

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=7日(ロイター=共同)  ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=7日(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】週明け7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米大統領選への不安が和らいだことで8営業日ぶりに反発し、前週末比371・32ドル高の1万8259・60ドルで取引を終えた。全面高で上げ幅は1月29日(396・66ドル高)以来、約9カ月ぶりの大きさだった。

 外国為替市場では相対的に安全な通貨とされる円が売られて一時1ドル=104円台後半に下落した。

 大統領選の民主党候補クリントン氏の私用メール問題について、米連邦捜査局が訴追しない方針を示し、政策の先行きが読めない共和党のトランプ氏が勝利して経済が混乱することへの懸念が後退した。

(11月8日8時20分)

経済(11月8日)