国内外ニュース

札幌市が五輪開催提案書を提出 26年冬季大会でJOCに

 2026年冬季五輪・パラリンピックの招致で、JOCの竹田恒和会長(左)に開催提案書を提出する札幌市の秋元克広市長=8日午後、東京都渋谷区  2026年冬季五輪・パラリンピックの招致で、JOCの竹田恒和会長(左)に開催提案書を提出する札幌市の秋元克広市長=8日午後、東京都渋谷区
 2026年冬季五輪・パラリンピックの招致を目指す札幌市の秋元克広市長が8日、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を訪問し、大会の開催提案書を提出した。秋元市長は「ぜひ日本として26年の五輪に手を挙げることについて検討してほしいとお願いした」と述べた。

 1972年以来2度目の冬季五輪開催を目指す札幌市は、14年に上田文雄前市長が招致に乗り出すことを表明。ことし10月、大会経費を4300億~4500億円程度と見込んだ開催計画の概要をまとめた。

 JOCは今後、正式に立候補の手続きを進めるかどうか判断する。

(11月8日14時55分)

国際大会(11月8日)