国内外ニュース

トヨタ自動車、営業益29%減 9月中間、円高が影響

 2016年9月中間連結決算について説明するトヨタ自動車の伊地知隆彦副社長=8日午後、東京都文京区  2016年9月中間連結決算について説明するトヨタ自動車の伊地知隆彦副社長=8日午後、東京都文京区
 トヨタ自動車が8日発表した2016年9月中間連結決算は、円高進行の影響で、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比29・5%減の1兆1168億円となった。

 17年3月期の連結営業利益の予想は、従来の1兆6千億円から1兆7千億円に引き上げた。外国為替相場は前年と比べ円高に振れているが、トヨタの想定よりも円安で推移した。コスト削減も寄与している。

 16年9月中間連結決算の売上高は7・2%減の13兆705億円、純利益が24・8%減の9461億円。東日本大震災で大規模な操業停止に追い込まれた11年以来、中間決算として5年ぶりの減収減益だった。

(11月8日16時30分)

経済(11月8日)