国内外ニュース

松坂桃李、三宅選手の笑顔褒める 歯科医師会からベストスマイル賞

 「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞式に登場した重量挙げの三宅宏実選手(左)と俳優の松坂桃李=8日、東京都内  「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞式に登場した重量挙げの三宅宏実選手(左)と俳優の松坂桃李=8日、東京都内
 11月8日の「いい歯の日」にちなんで、笑顔が輝いている著名人に贈られる「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016」(日本歯科医師会主催)の授賞式が東京都内で開かれ、俳優の松坂桃李と重量挙げの三宅宏実選手が受賞の喜びを語った。

 松坂は「ちっちゃい頃『笑顔が母親に似ている』と言われて、自分の中でちょっと嫌だなと思っていたけど、受賞は親のおかげ。改めて感謝したい」と苦笑い。

 リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した三宅選手は「崖っぷちで駄目かなと思うことがたくさんあったけど、銅メダルを取れた瞬間、4年間の思いが体中からあふれて、笑みがこぼれました」と振り返った。

 司会者が「毎年恒例、顔を見合わせて互いの印象を言い合ってください」と“むちゃぶり”すると、松坂は照れた様子で三宅選手と向き合い「力強いイメージがあるんですけど、目の前で笑顔を見ると柔らかい優しさを含んでいる。強い人は皆優しい。そういった印象を受けます」と評した。

 一方の三宅選手は、全く物おじせずに松坂を見つめ「さわやかでかっこいい。お会いしただけで笑みがこぼれるというのは、こういうことだなと思いました」と堂々たる口ぶりだった。

(11月8日17時06分)

文化・芸能(11月8日)