国内外ニュース

バレー協会が五輪会場で嘆願書 計画通り建設の要望を都に

 「有明アリーナ」の計画通りの会場建設を求め、東京都五輪・パラリンピック準備局の塩見清仁局長(右)に嘆願書を提出する日本バレーボール協会の木村憲治会長=8日午後、東京都庁  「有明アリーナ」の計画通りの会場建設を求め、東京都五輪・パラリンピック準備局の塩見清仁局長(右)に嘆願書を提出する日本バレーボール協会の木村憲治会長=8日午後、東京都庁
 日本バレーボール協会は8日、2020年東京五輪のバレーボール会場に予定されていた「有明アリーナ」の新設見直しが検討されていることに対し、計画通りの会場建設を要望する嘆願書を東京都に提出した。木村憲治会長は「有明でバレーをして、そのレガシー(遺産)を後世に伝えたい」と訴えた。

 嘆願書を受け取った五輪・パラリンピック準備局の塩見清仁局長は「みなさんの熱い思いは知事にしっかりと伝えたい」と応じた。その上で「都民ファーストという観点に立ち、見直しの最後のチャンスということでやっている」と話した。

(11月8日17時35分)

国際大会(11月8日)