国内外ニュース

衆院憲法審、10日の開催困難 民進が先送り要求

 民進党は8日、衆院憲法審査会の10日開催を先送りするよう与党に要求した。環太平洋連携協定(TPP)の承認案を巡り問題発言を繰り返した山本有二農相が辞任しない限り、衆院で審議に応じないとの方針を踏まえた措置。与党側は合意通りの実施を働き掛けるが、10日の開催は困難な情勢となった。

 関係者によると、審査会の野党筆頭幹事を務める武正公一氏(民進党)が、与党筆頭幹事の中谷元氏(自民党)と東京都内で会談した際「わが党が農相不信任決議案を検討しているときに、審査会を開くのはいかがかと考える。別の日程を考えてほしい」と伝えた。

(11月8日21時05分)

政治(11月8日)