国内外ニュース

ヒマラヤ未踏峰制覇の登山隊帰国 不安あったが登り切れた

 ネパール・ヒマラヤのナンガマリ2峰の登頂に成功し、帰国した登山家の重広恒夫さん(左端)と隊員ら=8日午前、関西空港  ネパール・ヒマラヤのナンガマリ2峰の登頂に成功し、帰国した登山家の重広恒夫さん(左端)と隊員ら=8日午前、関西空港
 ネパール・ヒマラヤの未踏峰ナンガマリ2峰(6209メートル)への登頂を10月に成功させた登山家重広恒夫さん(69)=神戸市中央区=らのチームが8日、帰国した。顔が赤黒く山焼けした重広さんは「不安はあったが、何とか登り切れた」と初登頂の喜びを語った。

 8日午前、関西空港の到着ロビーに重広さんら登頂した9人が現れると、待ち構えた関係者約20人から「お帰り」と声が上がり、拍手が湧いた。

 今回の登山は、ヒマラヤで数々の実績がある重広さんの技術を次世代へ継承する目的で計画。9月に出国し10月17日、9人が頂上に到達した。重広さんは21年ぶりのヒマラヤ挑戦だった。

(11月8日21時10分)

暮らし・話題(11月8日)