国内外ニュース

激戦の大統領選いよいよ審判の日 投票所に夜明け前から列

 8日早朝、米ニューヨーク中心部の投票所に並ぶ有権者(共同)  8日早朝、米ニューヨーク中心部の投票所に並ぶ有権者(共同)
 【ニューヨーク共同】候補者間の激しい非難の応酬に世界の注目が集まった米大統領選が8日、いよいよ審判の時を迎えた。ニューヨーク中心部マンハッタンなど全米各地の投票所では夜明け前から有権者が列をつくり、関心の高さをうかがわせた。

 マンハッタンの公園ユニオンスクエアに近い大学の施設。気温約5度と冷え込む中、未明から「ここで投票を」と書かれた看板を張り出すなど、選挙管理当局の関係者が準備に追われた。投票開始時刻の午前6時(日本時間午後8時)には、出勤前に投票しようとする有権者ら200人近くが入り口に並んだ。

(11月8日21時50分)

国際(11月8日)