国内外ニュース

上半期経常黒字10・3兆円 リーマン危機後最大

 財務省が9日発表した2016年度上半期(4~9月)の国際収支速報は、海外との経済取引に伴う稼ぎを示す経常収支の黒字額が前年同期比20・5%増の10兆3554億円だった。半期としては07年度下半期(11兆8560億円)以来8年半ぶりの高水準で、リーマン・ショックが起きた08年度上半期以降では最大。原油安による輸入額の減少や、外国人旅行者の伸びが要因になった。

 経常収支の黒字は半期ベースで5期連続。経常収支のうち輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2兆9955億円の黒字だった。原油や液化天然ガス(LNG)の値下がりで輸入額が大幅に減った。

(11月9日10時46分)

経済(11月9日)