国内外ニュース

TPP、与党10日採決提案 民進拒否で物別れ

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は9日午前、東京都内のホテルで会談し、環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案に関し、10日の衆院本会議で採決を目指す方針を確認した。自民党の竹下亘国対委員長は9日午後、民進党の山井和則国対委員長と国会内で会談し、10日に本会議で採決したいと求めた。山井氏は拒否し、物別れに終わった。

 民進党は、強行採決を巡る自らの発言を「冗談」とした山本有二農相が辞任しなければ、採決などには応じない構え。農相への不信任決議案の衆院提出へ調整を進めている。9日午後には共産、自由、社民各党と幹事長・書記局長会談を行う予定だ。

(11月9日14時21分)

政治(11月9日)