国内外ニュース

東京五輪、野球の福島開催承認へ 森会長、具体的検討進める

 東京五輪・パラリンピック組織委の理事会であいさつする森喜朗会長。左は御手洗冨士夫名誉会長=9日午後、東京・虎ノ門  東京五輪・パラリンピック組織委の理事会であいさつする森喜朗会長。左は御手洗冨士夫名誉会長=9日午後、東京・虎ノ門
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が9日午後の理事会で、追加種目となった野球・ソフトボールの1次リーグの福島県開催を承認する見通しであることが分かった。組織委の森喜朗会長は理事会の冒頭で「福島県での野球・ソフトボールの開催に向け、県と具体的な検討を進めたい」と述べた。

 理事会後、森会長が福島県の内堀雅雄知事と会場などを協議する。福島、郡山、いわきの3市が候補に名乗りを上げており、福島市で最終調整されている。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長が来週に来日し、福島市のほか郡山市の球場を視察する予定。

(11月9日14時06分)

国際大会(11月9日)