国内外ニュース

アジア株が軒並み下落 米大統領選の開票受け

 9日午前のアジアの株式市場は、香港のハンセン指数が前日比で一時2%を超える値下がりとなるなど、各地で軒並み売りが優勢となった。米大統領選の開票状況を受けて経済の先行き不透明感が強まった。

 台湾の加権指数も一時2%以上の下落となった。上海の総合指数や韓国・ソウルの総合株価指数(KOSPI)もいずれも下げた。(共同)

(11月9日12時15分)

経済(11月9日)