国内外ニュース

白熱球、学生「燃えると思わず」 神宮外苑オブジェ火災

 東京・明治神宮外苑のイベント会場で木製オブジェが燃え、港区の幼稚園児佐伯健仁ちゃん(5)らが死傷した火災で、出火当時に現場にいた日本工業大の学生が、白熱電球を使用したことについて「燃えるとは思っていなかった」という趣旨の話をしていることが9日、警視庁への取材で分かった。

 警視庁によると、当時現場にいた4人の中には、初めて展示に立ち会った学生もいた。火災は白熱球の熱でオブジェ内の木くずが発火したのが原因とみられ、警視庁は学生が白熱球を点灯する危険性をどの程度認識していたのか業務上過失致死傷容疑で調べている。

(11月9日12時11分)

社会(11月9日)