国内外ニュース

蓮舫氏が鶴保担当相批判 「沖縄と向き合えるか」

 民進党の蓮舫代表は9日、米軍北部訓練場(沖縄県)の工事反対派に対する大阪府警機動隊員の「土人」発言を差別と認めなかった鶴保庸介沖縄北方担当相を批判した。党参院議員総会で「金田勝年法相や菅義偉官房長官さえ問題視したにもかかわらず、担当相がこんな考え方で沖縄と向き合えるのか」と語った。

 環太平洋連携協定(TPP)承認案を巡る山本有二農相の相次ぐ失言にも触れ「閣僚の軽々しい発言や政府の国会軽視の傲慢な姿勢に、しっかりと向き合っていく」と強調した。

(11月9日12時25分)

政治(11月9日)