国内外ニュース

民間の宇宙開発促す2法成立 ロケット打ち上げを許可制

 ロケットや衛星の打ち上げ事業を許可制とするなど、民間企業が宇宙開発に取り組むための規則を定めた宇宙活動法など宇宙関連の2法が9日、参院本会議で可決、成立した。宇宙ビジネスの環境を整備し、ベンチャー企業の参入を促す。

 これまで宇宙開発はJAXAを中心に政府主導で進められてきた。だが米国では民間の安価なロケット打ち上げなどが広がり始めており、日本も法整備で宇宙関連産業の拡大を後押しする。

 宇宙活動法は、民間の打ち上げ事業を政府が1回ごとに許可することとし、事業者にはロケットや衛星の落下など打ち上げ失敗による被害に備えて、損害賠償保険への加入を義務付ける。

(11月9日13時26分)

科学・環境(11月9日)