国内外ニュース

日本受注のベトナム原発計画白紙 財政難理由、政権輸出戦略に打撃

 ベトナム中部ニントゥアン省に計画されている同国初の原子力発電所のイメージ図(ベトナム電力グループ提供・共同)  ベトナム中部ニントゥアン省に計画されている同国初の原子力発電所のイメージ図(ベトナム電力グループ提供・共同)
 【ハノイ共同】ベトナム政府が、日本などが受注を決めた中部ニントゥアン省の原発建設計画を白紙撤回する方針を決めたことが分かった。ベトナム国会は9日、政府が計画の中止を求める決議案を10日に提出すると明らかにした。

 ベトナム共産党は厳しい財政状況を踏まえ、原発計画を見直すよう政府に指示していた。原発輸出を成長戦略の一つに位置づける安倍政権にとって大きな打撃となる。国会は決議案を22日に採決にかける方針で、政府案通りに可決される可能性が高い。

 ベトナム電力公社関係者は、原発推進という政府方針自体は変わらないとしているが、同国の原発計画は当面、棚上げ確実だ。

(11月9日18時36分)

国際(11月9日)