国内外ニュース

ボクシング、井上兄弟で世界戦 八重樫も、12・30東京

 記者会見を終えてポーズをとる(左から)井上拓真、井上尚弥、河野公平、八重樫東=9日、東京都内のホテル  記者会見を終えてポーズをとる(左から)井上拓真、井上尚弥、河野公平、八重樫東=9日、東京都内のホテル
 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が12月30日に東京・有明コロシアムで、世界初挑戦のWBOバンタム級7位の弟拓真(大橋)とともにタイトルマッチに臨むと9日、所属ジムが発表した。同じ興行で国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(大橋)の2度目の防衛戦も予定され、挑戦者は調整中。

 井上尚は同階級の前世界ボクシング協会(WBA)王者の河野公平(ワタナベ)を相手に4度目の防衛戦、「一方的な試合をして勝ちたい」と意気込んだ。王者マーロン・タパレス(フィリピン)に挑む井上拓は「兄弟王者になりたい」と抱負を述べた。

(11月9日18時30分)

スポーツ(11月9日)