国内外ニュース

自己体内作製血管で心臓病治療 2歳児、京都府立医大が初

 重い心臓病の女児の体内で作った血管を患部に移植した治療について、記者会見する京都府立医科大の山岸正明教授(右)=9日午後、京都市  重い心臓病の女児の体内で作った血管を患部に移植した治療について、記者会見する京都府立医科大の山岸正明教授(右)=9日午後、京都市
 重い心臓病の2歳女児の体内で本人の組織を利用して作った血管をいったん取り出し、患部に移植する治療に世界で初めて成功したと、京都府立医科大の山岸正明教授のチームが9日発表した。現在4歳で、退院し北九州市に住んでいる。術後約1年半がたち、経過良好と確認でき、記者会見した。

 チームは「自分の組織なので拒絶反応の懸念がなく、患者の成長に伴い血管も成長する可能性が高い。安全、簡便で経済的な手法」としている。

 女児は肺動脈の欠損のほか、心室の壁に穴が開いたり、心臓の血管が足りなかったりする三つの心臓病を患い、酸素吸入が必要な状態だった。

(11月9日18時40分)

医療・健康(11月9日)