国内外ニュース

重体の岡山・新見市長が死去 山林で事故

 岡山県新見市の石垣正夫市長=2009年  岡山県新見市の石垣正夫市長=2009年
 岡山県新見市は9日、石垣正夫(いしがき・まさお)市長(75)が9日午後0時43分、岡山県倉敷市の病院で死去したと発表した。石垣市長は8日朝、所有する新見市の山林で頭から血を流して倒れた状態で発見され、意識不明の重体だった。死因は重症頭部外傷。葬儀・告別式は11日正午から新見市高尾2423、JAあしん葬祭会館やすらぎホールで。喪主は長女の夫、理(ただす)氏。

 新見市によると、8日朝に家族に「山に行く」と言って出掛けたまま帰宅しなかった。1人で機械を使って木を切る作業をしていたとみられ、新見署は、倒れた木が頭部を直撃したとみて調べている。

(11月9日21時10分)

政治(11月9日)