国内外ニュース

共和党、上下両院で過半数維持 ねじれ解消

 【ワシントン共同】8日の米大統領選と同時に実施された連邦議会の上下両院選で、共和党が上院(定数100、改選34)、下院(定数435、全議席改選)とも過半数を維持し、主導権を民主党に譲らなかった。米メディアが9日までの集計結果として伝えた。

 特に上院は高官人事や条約批准の承認権限を握るため、次期政権の政策推進に大きく影響を与える。大統領選でもトランプ氏が当選を確実にし、共和党が行政府トップの座を奪還したことで、政権と議会の「ねじれ現象」は解消され、民主党の存在感低下は免れない。

(11月9日19時26分)

国際(11月9日)