国内外ニュース

NY円上昇、103円後半

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク外国為替市場で円相場は対ドルで上昇し、午前8時半現在、前日比1円45銭円高ドル安の1ドル=103円65~75銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1019~29ドル、114円26~36銭。

 米大統領選でトランプ氏が勝利したことによる経済の先行き不透明感を背景に、投資家がリスクを回避するため相対的に安全な通貨とされる円を買い、ドルを売る動きが優勢となった。

 一方、トランプ氏が勝利演説で融和姿勢を示したことで「(同氏の)政策が穏当になる」(米外為ディーラー)との期待感から円を売る動きも出た。

(11月9日23時15分)

経済(11月9日)