国内外ニュース

東京円、3カ月半ぶり安値 不透明感後退、105円後半

 10日午前の東京外国為替市場の円相場は、米大統領選を巡る過度な不透明感が後退し、比較的安全な資産とされる円が売られた。一時、1ドル=105円96銭前後となり、7月下旬以来、3カ月半ぶりの円安ドル高水準。

 午前10時現在は、前日比2円36銭円安ドル高の1ドル=105円68~69銭。ユーロは60銭円安ユーロ高の1ユーロ=115円46~47銭。

 前日の東京市場では一時、101円台まで円高ドル安が進んだが、米大統領選が決着し、投資家の過度な不安がひとまず払拭された。トランプ氏の政策運営への期待感から前日に米国市場で株高が進んだことも、円売りドル買いを後押しした。

(11月10日10時29分)

経済(11月10日)