国内外ニュース

吟醸の最優秀賞に岩手・南部美人 東北6県清酒鑑評会

 仙台国税局は10日、2016年の東北清酒鑑評会の最優秀賞に、吟醸酒の部は「南部美人」を造る南部美人(岩手県二戸市)を、純米酒の部は「伊佐須美の杜」の白井酒造店(福島県会津美里町)を選んだと発表した。

 最優秀賞に次ぐ評価員特別賞は、吟醸酒が「金冠喜久泉」の西田酒造店(青森市)と「会津中将」の鶴乃江酒造(福島県会津若松市)。純米酒は、南部美人と、「福小町」の木村酒造(秋田県湯沢市)に決まった。

 鑑評会には東北6県の150製造場が出品した。吟醸酒は50製造場、純米酒は43製造場が優等賞となり、両部門の上位三つを最優秀賞と評価員特別賞として表彰した。

(11月10日11時06分)

暮らし・話題(11月10日)